「気持ちが良い状態」を意識しよう

ナマステ♪


今週は経理をやったり、レインボーエンジェルのオラクルカードを作ったり、家でがっつりやることをやったから、日曜日の午後は少しまったりして、久~しぶりに高橋歩さんの本を読んだ。


私と夫が歩さんにハマっていたのは、社会人1年目から結婚する頃まで。

どちらかというと男である夫のほうが、歩さんに強い憧れを持っていて、誕生日やホワイトデーに歩さんの本をくれたのも夫だった。

でも生の歩さんを見たことがあるのは、意外なことに私だけ。たまたまトークショーがあったのが東京で、その時に東京にいたのが私だけだったから、友達を誘って行った。確か2012年か2013年だったかな?


歩さんはステージの床に直に腰かけて、足をぶらぶらさせながらマイクを手に、ペットボトルのコーラを横に置いて、田舎のコンビニでだべるヤンキーのように2時間話していた。

そんな氣さくな、氣楽なスタイルで講演をする人って、後にも先にも見たことなくて、講演をする人・講演を聴く人ではなくて、同じ目線の友達と話す感じなのが印象的だった。

そして最高にカッコイイとも思った!


昨日はなんとなく歩さんの本が読みたくなって久しぶりに開いてみたら、ストレートで、雑じりっけない、濃度100%のシンプルな言葉たちが、やっぱり胸にグッときて、読んだ後、感想として夫に「氣持ちが良くなった」と言った。

そう、夫と私にとって歩さんの本は、氣持ちを良い状態にしてくれるもの

good feeling になるもの


「そういうものを、1つでも2つでも3つでも持っておくといいよな~」って、改めて思った!

つらいときだけじゃなくて、昨日の私みたいにちょっと時間ができて何しようかな~というときに、気持ちを良くしてくれる本、音楽、映画などのアイテムがあると、人生がとっても豊かになって、生きる元氣を与えてくれる。

能動的にスポーツをして体を動かすのもいいけど、部屋で軽い気持ちで、本を開くだけでいいんだよね。


自分を良い状態にしてくれる、お気に入りはなんだろうか?

それに囲まれた生活にできたら、幸せだね♡


そうやって、自分を良い状態にしてあげられるのは、自分しかいない

パートナー、子ども、親、友達、ではなくて、いつだって自分自身


それが分かれば、あとはカンタン!

ひたすら自分自分を見て、実験していけばいい。


自分を、良い気持ちにしてあげよう!



今日も読んでくれてありがとう♡

最も望む人生へ*ご提供中のサービス*

Momoko の個人セッション等のご案内をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000